プロフィール

ぴろみん

  • Author:ぴろみん
  • デジタル1眼初心者、ブログも初心者^^;
    わんこ、お花、街、カメラ持っていろんなモノを追っかけてます。

    ○使用カメラ ニコンD70
     2代目は ニコンD300
    サブ機としてキヤノンPowerShot G12が仲間入り
     さらにiPhone4Sでの撮影も増加!
     

    ○ウチのワンコ紹介
    ↓のカテゴリー内「うちのワンコ紹介」をご覧下さい

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

cmサイト

いつでも里親募集中

マイクロアド

月別アーカイブ

BAR CECIL’S
愛犬パピヨン 飼い主のきまぐれ日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姫が来た!

毎日なんだか不安な日々が続いて気落ちし勝ちですよね・・・

水のこととか、とっても心配

人間より体の小さいワンコが汚染された水を飲んだら良い訳がない、でも、体が小さいから水を飲む量も僅か
乳幼児が成長のために飲むミルクの量とは比べ物にならないほどじゃん!
と、気づきました

それに、ミネラルウォーターは犬にとっては良いとは言えないらしい、結石のリスクが高まるとか・・・

だから、私は今までどおり水道水をポット浄水した水をワンコともども飲み続けようと思います。



DSC_1917110302.jpg
早く、心から楽しんで過ごせる休日が来て欲しいな~




DSC_1918110302.jpg
それでも、春は確実にやって来ている・・・お散歩に行った広場の早咲きのサクラ「シロタエ」がキレイでした!



さて、春と一緒にうちに姫がやって来ました!


[READ MORE...]
スポンサーサイト
心がホットする素敵なニュース

地震以来、不安なことばかりで気落ちし勝ちな毎日ですが、心がホット温まるような素敵なニュースがありました。




愛犬、83歳女性救う…散歩コースと逆の高台へ

20110326-028601-1-N.jpg


東日本巨大地震による大津波で壊滅的な被害を受けた岩手県宮古市で、愛犬に命を助けられた女性がいる。

津波襲来までの30分間、愛犬は興奮した様子で女性を高台にぐんぐん引っ張り、安全な避難所に導いた。

 女性は、海岸から約200メートルの同市田老川向(たろうかわむかい)に住んでいた赤沼タミさん(83)。メスのシーズー犬「バブ」と自宅の居間でくつろいでいるときに地震に襲われた。蛍光灯が消えると、バブはせわしなく走り回り、尾を強く振って鼻をクンクン鳴らしたという。

 赤沼さんが「散歩の時間にはまだ早いのに」と思いながら、玄関先で首にリードをつけていると、防災無線が大津波警報の発令を知らせていた。

 田老地区で900人以上の死者・行方不明者が出た1933年の昭和三陸地震を体験した赤沼さんが「避難しなきゃ」と玄関を開けると、バブも勢いよく飛び出し、いつもの散歩コースと逆の高台へ向かった。

 赤沼さんの歩みが緩むと、バブは振り返って歩みを促すようなしぐさを見せ、追いつくと勢いよく前へ出た。それを繰り返すうちに、自宅から約1キロ離れた避難所への急坂を一気に上りきっていた。

 振り返ると、歩いてきた道は津波にのみこまれ、自宅も濁流の中に。普段は散歩も嫌がるバブの行動に、赤沼さんは「津波を予知してたのかも」と不思議がる。

 バブは今、近隣地区の集会場で赤沼さんら住民約60人と避難生活を送る。12歳の誕生日にあたる23日には、お気に入りのピンクの服を洗ってもらい、うれしそうなしぐさを見せたという。

(2011年3月26日13時57分 読売新聞)




記事によれば、バブちゃんは避難所で過ごしていると言います。
ワンコも一緒に入れる避難所もあるんですね。その事実だけでも、すばらしいと思いました。
(少し調べてみると「ペット同伴可能な避難所」もあるみたいですね)

でも、大半の避難所は動物NGでしょう・・・

泣く泣く愛犬を置いてきた避難者の方もいっぱいいるはず、犠牲になった動物も・・・
避難所に入れないから車で生活しているおじいさんのニュースもテレビで観ました。

そんななか、以下のような署名運動を見つけました。

『災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び、
愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名』


微力ながら協力したいと思います。



頑張って働くっ

地震被災地は確実に復興に向け前進している、そう信じている!


被災地からは遠くはなれて普通の生活がおくれる私が出来ることと言えば、

・節電に努める(PCはつけちゃってるけど・・・)

・無駄な買い物はしない

・元気に頑張って働く!

・出来る範囲で募金などに協力する


一昨日、いつもの広場にお散歩に行った時に、可愛らしい女の子と出会った
うちのワンコと遊んでくれたその子は「サクラ」ちゃんと言うらしい。
話を聞いているうちに、どうやら福島から避難して来たそうだった。
「車で昨日の夜に来たの」と言っていた。

話しているうちに、
「パパはお家を守るために残ってる」
「目の見えない人のお手伝いをする犬を飼っている(ラブラドールか?)名前はプーチン」
「お兄ちゃんのサーシャとアンドレ」

え?そう言えばサクラちゃん肌が白過ぎて血管が透けてピンクに見えるほどだし、
髪も栗色に近くてカールしてる、それに美少女だ!

聞けばパパは日本の人だけど、ママはロシア人なんだそうで、ロシアには7回くらい行ったことがあるんだと!
ま、7歳児ハーフ少女なので、会話がかみ合わない部分もあったけど^^;

ママはロシア風餃子と言われているペリメニが得意料理なんだって言ってた*^-^*

サクラちゃんは日本で生まれたみたいだけど、ママの故郷ではきっと心配している人が居るんだろうな
今はプーチンと遊べない彼女にうちのワンコで少しでも楽しんでもらえたかな~?
ま、ラブラドールとパピヨンじゃ比べ物にならないかも知れないけど・・・


さて、明日は会社だーっ
私は契約社員なので、就業時間が短い(9:30~16:30)
停電の影響でまだ混乱がある鉄道だけど、その時間帯を避けて行けるので有り難い
会社も節電で事務所内は消灯しているので薄暗い、でも慣れたら落ち着いて心地良い^-^

心地よすぎて眠くなっちゃう(って、おいー!)



できることをする

今日は会社に行った。
ワンコたちを残して行くのは非常に不安だったけど・・・
駅に行って何かあったら、すぐに引き返そうと

でも、駅は意外なほど混雑や混乱はなかった
電車も空いてて朝のラッシュ時間にもかかわらず、座れちゃったよ@@
いつもと同じルートでは行けなかったけど、不便や不快は感じずに行けた。


地震で私たちが受けたダメージは目に見えないけど、かなり深い、精神的にも肉体的にも
何しろ生まれて初めて体験したことのない災害にあい、地獄のような被災地の現状を毎日リアルタイムで
見せられているのだから

なんかずっと眩暈がするみたいで、たまに頭痛もする感じ
長時間、船に乗ってて地上に降りてもまだ揺れを感じるみたいな・・・

原発の二次災害も不安
東電の対応にも不満を感じてしまう

しかし、こんな時は悪の権現みたいに言われる原発だけど、
考えてみれば非常に便利な都市生活がおくれたり、夜景が美しかったりするのは、原発のおかげな部分が大きいのだ
夜間の衛星写真で日本がまばゆく光っているのは繁栄の証拠のようで、少し誇らしい気持ちにさえなる

普段はスイッチを入れれば、コンセントを差し込めば便利に電気を使え、それは当然のことと思っていた
今回のことで電気の有り難さを再認識した

とにかく、節電しよう!




自宅待機なう
 
結局、今日は出社せず自宅待機になっちゃいました(--)
電車、動いてないから行こうと思っても行けないんですが・・・

停電もやるんだかやらないんだか、はっきりしないし。
節電の目的でやるならやっちゃえば良いのに「計画」停電なんだろうに!
電気と言うライフラインを一時的にとは言え断つ訳なので、そう簡単には行かないのかしら?

地震の爪あとは想像以上に深いな。

でも、家がある、寒くない、家族も無事、ワンコも元気
とてつもなく有り難くて幸せなことなんだよね!


地震の影響

日曜日の夜、今日は暖かな休日でした。

今回の巨大地震は海外でも大きく報道され、日本人の秩序ある冷静な行動に敬意を表すると言う内容が多いそうです。
日本人として誇りに思う。

私が地震当日の金曜日の夕方、繁華街の銀座や日本橋を歩いていた時も、混乱することなく、整然と行進するように同じ方向に向って歩く群衆の中の一人になっておりました。
もしかしたら、苛立ちから喧嘩とか小競り合いとか、路上で起こるかも知れないと思っていたけど、それは杞憂でした。


そして、今日、日曜日。
原発事故などの二次災害が心配ですが、公共交通機関が復旧すれば、また元通りの日常生活に戻るのだと、思っていました。

でも、午後に買い物に出掛けて、唖然としました。
野菜や卵、パン、精肉、米・・・いわゆる生活の基礎となるものがとにかく品薄になってしまっている!
流通とかがまだ麻痺状態だし、津波で壊滅した地方は漁場や市場も多くあったように思われます。
直接の被害ではないけど、地震の影響がこんな所に出始めたのかも・・・
他のお店に行ってみたら、普段とそれ程変わらない品揃えだったので、仕入れ状況などにより一概には言えないけど・・・

被災した地方には、多くのペットも居たはず、その子たちは大丈夫なのか?
動物園とかも停電になって大きな被害が出ているはず、大丈夫なのか?

私たちで出来ることを考えて行きたいと思います。


東日本巨大地震

地震の被害、テレビ報道で観るたび、唖然とするばかりです。

最初に地震が起きたとき、私は職場にいました。
職場は東京駅の斜め前の比較的新しい(築5年くらい?)オフィスビルの26階です。
窓から丸ビルが大きく左右に揺れているのが見えました@@

大きな地震後、余震が何度かありましたが、私が墨田区の実家に徒歩で帰ることを決意したのは午後5時30分でした。
電車は止まってしまっているし、このまま事務所にいるだけなら外を歩いている方がマシだ!と・・・

ビルのエレベータはストップしてます。
26階から非常階段を降りることから私の一人旅が始まりました。

15分ほど階段をグルグル下りて地上に出ました。
周辺のショップは軒並み閉店してしまっているのものの、いつもとなんら変わらない様子でした。

日本橋方面へ行くべきなのに、何故か銀座に出た私・・・冷静なつもりでもけっこう慌てていたのかも知れません

銀座は普段の週末のように賑わっている感じでした。談笑しながら歩いている人が目立ちました。
ただ、金曜日の夕方なのにショップが閉店してしまっているのは異様だし、ある意味貴重な体験でした。

銀座から日本橋へ、歩道には人が溢れんばかりになっていますが、これも普段よりは少し人手が多いくらいの印象でした。
途中、ビルの窓ガラスが割れ歩道に散乱しているところが2箇所ほどありました。
新名所のコレド室町(閉店してましたが)を横目に見ながら神田へ。

神田周辺は歩道が狭くなるので、ますます人が密集して歩いている感じでした。
万世橋を渡り秋葉原に入ると、営業している居酒屋などもちらほらあって、お客さんも入ってる!
既に1時間以上歩き続けていたので、電車も止まっているし、酒でも飲んで時間つぶした方が良いかと真剣に思ったものでした^^;

秋葉原から末広町を通り上野へ、この辺になると営業しているコンビニのレジに多くの人が行列しているのを良く見かけました。

来日したパンダで盛り上がる上野は、普通に営業している店も多かったみたい。
カラオケボックスで順番待ちしている人が大勢いてビックリ、早く帰れよー!帰れないならカラオケで時間を過ごすのも1つの選択肢だったのかなぁ・・・

この時、既に午後8時近かったと思います。会社を出て2時間半歩き続けたことになります。
さすがにお腹が減った^^;菓子パンでもかじりながら歩こうと思い、コンビニへ・・・
しかし、菓子パンやおにぎりは全て売り切れでした@@
仕方ないので「ソイジョイ」を購入、飲物はトイレに行きたくなると嫌なので買いませんでした。

ソイジョイをかじりながら、稲荷町を通過し、田原町から浅草に入りました。
と、ここで今更ながら「私って、すんごい遠回りしてんじゃね?」と^^;
でも、知っている道じゃないと迷子になったら困るしと駅をたどる様な道順で浅草まで来てしまいました。

浅草の商店街ではバス乗り場に尋常じゃないほどの人が行列してました。
どう考えてもその日のうちにはバスには乗れそうにありませんでした。

浅草の駅まで来た時、実家に電話し車で迎えに来てくれることに。。。ラッキー!助かった!
そこにあったモスバーガーで熱いコーヒーを飲んで、やっと一息つきました。
時間は8時30分過ぎでした。

と、ここで連絡が入り、道路が渋滞しており、車では身動き取れないとのこと・・・
やっぱりそうだよね・・・

よし!コーヒー飲んで少し温まったし、再出発だ!
その前に、モスバーガーのトイレだけ借りて行こう!

が、ガーン!トイレが激汚 ペーパーも無いし 和式だし
こんな緊急時だし、贅沢は言ってられないけど・・・無理っ(><)

私の父が徒歩で迎えに来てくれるとのことだったけど、ごめん!待ってられないっ
ま、同じ道を通れば途中で会えるサ!あと少しでゴールだ!

浅草駅前から言問橋を渡り、水戸街道をひたすら歩く!
この辺になると歩道も狭いし、ぐんぐん歩く人で溢れんばかり、もう週末の繁華街の雰囲気はありません。
難民の行進みたいで殺伐とした印象でした。

途中「トイレお貸しします」と張り紙している美容室があって、ちょっと和むことが出来ました。
結局、トイレは借りずに我慢しちゃったけど^^;

そしてついに!実家に到達!時間は午後10時少し前 会社を出てから実に4時間以上!!
我ながら良く歩いた・・・ずいぶんと遠回りしたけど、無事に一人旅は終了しました。

あ、父とは会えず、私におくれること30分くらいで父帰る^^;何故かポッキーとアイスを買って来ましたよ。

その後、父と一緒に母が作ってくれた暖かい食事を頂き、お風呂にもゆっくり入り、暖かいベッドで休むことができました。
被災し、寒い夜を過ごしている人に比べたら私は恵まれ過ぎです。感謝!

お父さん、お母さん、ありがとう。



あ、さて、うちのワンコたちですが、もちろんみんな無事で元気です^-^
地震当日、たまたま夫が仕事で移動するのに自宅に立ち寄った時だったので、そのまま自宅待機してもらったのです。
なので、私は安心して実家で過ごすことが出来ました^-^ありがたや~



改めて大きな被害を被った方々へお見舞い申し上げます。



もうじき春 その2

はいはい~!予告のとおり、その2 でごじゃーます^^;



都内なのに広くて花も緑もいっぱいの大好きな水元公園から、ほど近いところにお友達のおうちがあるのです。

お友達も公園が好きで、公園の近所にお家を買っちゃったとゆ~、なんとも羨ましいのですが・・・
ま、お家を買ったのは少し前のことなので、お家を見に行ったんじゃあないんですよ




ハートを射抜かれます

さて、それでは覚悟してくださいよっ

行きますよーっ!




[READ MORE...]

テーマ:パピヨン - ジャンル:ペット

もうじき春 その1

久しぶりに晴天の休日です。
連日の寒さも少し和らいだ、土曜日*^-^*




「公園に来たのっ!」



歩くスピードと運動量が違う老犬(ポロム、セシル)と、子育て中のローザはお留守番・・・

あ、ローザの子育てって、もちろん想像妊娠です^^;
交配していれば今頃赤ちゃんを産んでいる時期なのでしょうね、お乳がパンパンに張って、ちょっとかわいそう・・・
それに想像妊娠ってか想像子育て中は居もしない子供を必至に守ろうとするのか、攻撃的になるのは困るのです。

しかし、この母性の強さもローザの個性と思うと何やらたまらなく愛しいと思っちゃう。
できれば、もう一回くらい赤ちゃんを産ませてあげたかったかも・・・



[READ MORE...]

テーマ:パピヨン - ジャンル:ペット



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。